一緒には飲めない | ED治療をしてくれるクリニックを効率よく探そう

一緒には飲めない

薬を手に取ろうとしている

しっかり用法用量を守っていればほとんどの場合は安全にバイアグラを飲むことができますが、バイアグラを使用する上でもう1点絶対に注意しておかなければいけないことがあります。
それがずばり「飲み合わせ」です。

バイアグラを安全に使用するためには飲み合わせについてちゃんと理解しておかなければいけませんので、まずはここで気をつけるべき飲み合わせの話をしていきたいと思います。

まずバイアグラの飲み合わせとして注意してもらいたいのが、グレープフルーツの存在になります。
実意はグレープフルーツにはフラノクマリン酸と呼ばれる成分が含まれています。
この成分はバイアグラの成分であるシルデナフィルが体から抜けにくくするための成分なので、バイアグラの効果が長引いてしまう可能性があります。
普通に考えたらそれはいいことのように思うかもしれませんが、本来継続する時間をオーバーするということは体に大きな負担を与えてしまいます。
そのためグレープフルーツなどの柑橘系の食べ物や飲み物といったものは、絶対に一緒に飲んだりしないようにしましょう。

あとバイアグラはニトログリセリンや塩酸アミオダロン製剤との相性が非常に悪いです。
これらの薬は併用禁忌薬として指定されていますので、もしすでに処方されているという人はバイアグラを使わないようにしてください。
心臓病などに使う薬についてはバイアグラと一緒には使えないので、間違って併用してしまうことで重篤な副作用が出る可能性があります。

ちなみに一般的に売られている医薬品については、特にバイアグラと併用しても問題がありません。
だから頭痛が出てしまって治す際にも、バファリンなどの薬は何も考えることなく飲んでもらうことができます。